iPhone内ファイルの確認

デバック時に、iPhone内のファイル確認に使えます。

Organizer起動▷実機のApplicationsを選択▷アプリを選択▷ファイル一覧表示

ビデオで即ワカ (音有り)

 

アラートビュー(メッセージ表示とボタン選択)その2

アラートビュー(メッセージ表示とボタン選択)その1の続きです。

 

 

ボタンの数を1個の場合、アラートビューの準備はこの様に感じになります。

20130628103328851

コピペで即ウゴ

    UIAlertView *al = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@”タイトル message:@”メッセージ delegate:self cancelButtonTitle:nil otherButtonTitles:@”OK”, nil];

ボタンの数を2個の場合、アラートビューの準備はこの様に感じになります。

201306281033268d0

コピペで即ウゴ

    UIAlertView *al = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@”タイトル message:@”メッセージ delegate:self cancelButtonTitle:nil otherButtonTitles:@”はい,@”いいえ, nil];

メッセージを複数行にする場合、アラートビューの準備はこの様に感じになります。
2013062810444506e

改行したいところへ \n を入れて下さい。

コピペで即ウゴ

    UIAlertView *al = [[UIAlertViewalloc] initWithTitle:@”タイトル message:@”1行目\n2行目\n3行目 delegate:selfcancelButtonTitle:nilotherButtonTitles:@”OK”, nil];

 


 

アラートビュー(メッセージ表示とボタン選択)その1

アラートビューとはこれです。

201306281007365b5

1)まずアラートビューを準備します。

アラートビューを表示させたいタイミングのところに貼付けて下さい。

上の画像のアラートビューを作るにはこの様に設定します。

ボタンはキャンセルボタンも含め5個まではいけます。それ以上が画面が崩れるみたい。。。

コピペで即ウゴ

    //アラートビューの準備

    UIAlertView *al = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@”タイトル message:@”メッセージ delegate:self cancelButtonTitle:@”キャンセル otherButtonTitles:@”ボタン1,@”ボタン2,@”ボタン3,@”ボタン4, nil];

    al.tag = 1;//アラートビューが複数ある場合、ここでそれぞれに違う番号を指定します。

    [al show];//アラートビューを表示

2)アラートビューで押した番号に応じて処理をする部分を準備します。

ViewController.mの一番下 @end の上にコピペで即ウゴです。

コピペで即ウゴ

//アラートビューでボタン押した後の処理

- (void)alertView:(UIAlertView *)alertView clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex

{

    if(alertView.tag == 1){//アラートビューが複数ある場合、この番号で処理を分けます。

        switch (buttonIndex) {

            case 0:

                NSLog(@”キャンセルを押しました);

                break;

            case 1:

                NSLog(@”ボタン1を押しました);

                break;

            case 2:

                NSLog(@”ボタン2を押しました);

                break;

            case 3:

                NSLog(@”ボタン3を押しました);

                break;

            case 4:

                NSLog(@”ボタン4を押しました);

                break;

            default:

                NSLog(@”その他);

                break;

        }

    }

}

 


 

iPhoneのシステムサウンド

AudioToolbox.frameworkを追加(youtube)してから使います。

1000という番号を変えると、いろいろな音が出せます。

iOSシミュレータでは音が鳴りません。

コピペで即ウゴ
AudioServicesPlaySystemSound(1000);

実際に聞いてみないと、雰囲気がわからないので、番号をいろいろかえて 試してみてください。

1000~1036 よく使われる感じのシステム音系

1050~1057 分類のできない感じのいろいろな音系

1070~1075 電話っぽいプー音系

1100~1118 短い音、シャッター、接続、切断な感じの音系

1150~1154 電話のベル、プップップッ系

1200~1211 電話のピッポッパ系

1254~1259 プーピッ、ポポ、ポペッ、ププ、ピーププ系

1300~1336 メール、ジングル、効果音的な系

設定▷サウンド▷バイブレーションの着信音有り、着信音なしのどちらか、または両方がオンになっているとバイブが作動する音があります。


アクティブインジケータ

アクティブインジケータとはこれです。

アクティブインジケータ くるくる

1)まずは、アクティブインジケータを用意します。

ViewController.mの一番上あたり #import ”ViewController.h” の下等に貼付けてください。

これでアクティブインジケータをViewController.m内のどこからでも、設定、動作をさせる事ができます。

コピペで即ウゴ

UIActivityIndicatorView *_ai;

次は、viewDidLoadの中等に貼付けてください。

これで、アクティブインジケータの設定ができます。

コピペで即ウゴ

    //アクティブインジケータ

    _ai = [[UIActivityIndicatorView alloc] init];

    _ai.center = self.view.center;//中央に表示

    _ai.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyleWhiteLarge;//種類指定(3種類から選べます)

//    _ai.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyleGray;//種類指定(3種類から選べます)

//    _ai.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyleWhite;//種類指定(3種類から選べます)

コピペで即ウゴ

2)アクティブインジケータを動かします。

ここでは、タッチしている間だけ動く様にしています。

(タッチ等の動きについてはこちらをご参照ください。)

ViewController.mの一番下 @end の上にコピペで即ウゴです。

コピペで即ウゴ

//この例では、タッチしている間だけアクティブインジケータが作動します。

//タッチ開始検出

-(void)touchesBegan:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event{

    [_ai startAnimating];//アクティブインジケータ開始

}

//タッチ終了検出

-(void)touchesEnded:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event{

    [_ai stopAnimating];//アクティブインジケータ停止

}

 

 


各設定値の保存

NSUserDefaultsを使い、次の様な流れにするのが良いと思います。

1)初めての起動時、設定値に初期値を保存

2)設定値を読込み、アプリの動作に適用

3)設定画面等で設定変更をしたら、設定値に保存


1)初めての起動時、設定値に初期値を保存

コピペで即動く
    NSUserDefaults *ud = [NSUserDefaults standardUserDefaults];//NSUserDefaults取得
    NSMutableDictionary *defaults = [NSMutableDictionary dictionary];//NSMutableDictionary取得
    //一旦NSMutableDictionaryに全て設定
    [defaults setObject:@"1" forKey:@"KEY_I"];//「KEY_I」という名前で「1」の値(整数)をセット
    [defaults setObject:@"1.2" forKey:@"KEY_F"];//「KEY_F」という名前で「1.2」の値(少数)をセット
    [defaults setObject:@"test" forKey:@"KEY_S"];//「KEY_S」という名前で「test」の値(文字)をセット
    [defaults setObject:@"YES" forKey:@"KEY_B"];//「KEY_B」という名前で「YES」の値(BOOL値)をセット
    [ud registerDefaults:defaults];//設定値を保存

2)設定値を読込み、アプリの動作に適用

 読み込む値の型により、integerForKey、floatForKey、stringForKey、boolForKey等を指定します。

コピペで即ウゴ
    NSUserDefaults *ud = [NSUserDefaults standardUserDefaults];//NSUserDefaults取得
    NSInteger i = [ud integerForKey:@"KEY_I"];//「KEY_I」という名前の設定値を取得
    NSLog(@”%d”,i);
    CGFloat f = [ud floatForKey:@"KEY_F"];//「KEY_F」という名前の設定値を取得
    NSLog(@”%f”,f);
    NSString *s = [ud stringForKey:@"KEY_S"];//「KEY_S」という名前の設定値を取得
    NSLog(@”%@”,s);
    BOOL b = [ud boolForKey:@"KEY_B"];//「KEY_B」という名前の設定値を取得
    NSLog(@”%@”, b ? @”YES” : @”NO”);
NSInteger integerForKey:
float floatForKey:
double doubleForKey:
NSString stringForKey:
BOOL boolForKey:
NSArray arrayForKey:
NSDictionary dictionaryForKey:
NSData objectForKey:
NSURL URLForKey:

3)設定画面等で設定変更をしたら、設定値に保存
書き込む値の型により、setInteger、setFloat、setObject、setBool等とforKeyで名前を指定します。
コピペで即ウゴ
    NSUserDefaults *ud = [NSUserDefaults standardUserDefaults];//NSUserDefaults取得
    [ud setInteger:2 forKey:@"KEY_I"];//「KEY_I」という名前で「1」の値(整数)をセット
    [ud setFloat:2.3 forKey:@"KEY_F"];//「KEY_F」という名前で「1.2」の値(少数)をセット
    [ud setObject:@"TEST" forKey:@"KEY_S"];//「KEY_S」という名前で「test」の値(文字)をセット
    [ud setBool:NO forKey:@"KEY_B"];//「KEY_B」という名前で「YES」の値(BOOL値)をセット
    [ud synchronize];//設定値を保存
NSInteger setInteger:
float setFloat:
double setDouble:
NSString setObject:
BOOL setBool:
NSArray setObject:
NSDictionary setObject:
NSData setObject:
NSURL setURL: