アニメーション

アニメーションの例として、UIImageViewでやってみます。

1)ストーリボードで、この様な感じでOutletを用意します。
20130708085741eab

2)ViewController.mはこんな感じで書きます。

UIImageViewとなってる所は、アニメーションにしたい対象のクラス(UIViewとか)に変えればよいです。

コピペで即ウゴ

    // アニメーション ブロック スタート

    [UIImageView beginAnimations:nil context:NULL];//アニメーション内容の指定開始

    [UIImageView setAnimationDuration:3.0];//アニメーション時間(秒)

    //■■■ここから実際にアニメーションしたい内容を書きます。

    //透明▷不透明

    _imgV.alpha = 0.0;//初期 透明

    _imgV.alpha = 1.0;//最終 不透明

    //拡大

    _imgV.transform = CGAffineTransformMakeScale(0.0,0.0);//初期 拡大

    _imgV.transform = CGAffineTransformMakeScale(1.0,1.0);//最終 拡大

    //■■■ここまで実際にアニメーションしたい内容を書きます。

    [UIImageView commitAnimations];                  //アニメーション実行

    // アニメーション ブロック エンド

3)これを動かすとこんな感じです。

201307080857422a7

 

iPhone月々安くお支払

iPhone 月々の支払が安くすんでるよ~という話です。

去年、ドンキで、iPhone4(8G)を無料でくれるというので娘用に契約。

月々の支払い料金を安くしたいので、常時モバイルデータ通信OFFで使用。

ほとんどWifiでつかってまして、娘は、メッセージ(SMS)とLINE、Youtubeでめちゃめちゃ楽しんでおられます

LINEが面白くて調子にのり、私(父)が娘にメッセージを送りまくったら、

娘に「しつこいっ!}ブロックされてしまいました。>< いまだに解除してくれません><

昨日 娘は、iPadのYoutubeで音楽流し、iPhoneで空中 録音してましたが

それ音質が悪いよね。。。まっ いっか。努力は認める。

そういえば昔私も、テレビの前にラジカセ置いて録音してたら、

母さんが『ごはんよ~』って >< 懐かしいなあ~

え~、脱線しましたが、モバイルデータ通信OFFで不便なのは、

外でEメール、LINEが使えない事ですが、メッセージ(SMS)で足りてます。

電話とSMSがあれば、お出かけ時には、事足ります。

あとは、各Wifiスポットでなんとかやりくりしてます。

月々、この値段(月2217円)なら安くていい感じではないかと思います。

(ちなみに奥様のガラケーは月2018円!奥様は直ぐに電話かけるからね。。。)

 

料金明細(マイソフトバンクより)

090-****-**** * * ご契約期間   1年  1ヶ月 * *
基本料 ホワイト[ 5月21日~ 6月20日] 934 合算
通話料 ホワイトプラン 0 合算
定額料 パケットし放題forスマートフォン(CP) 980 合算
通信料 メール(SMS) 0 合算
月額料 S!ベーシックパック(i) 300 合算
月額料 ソフトバンクWi-Fiスポット 467 合算
 無料 ソフトバンクWi-Fiスポット無料特典 -467 合算
その他 ユニバーサルサービス料 3 合算
小計 2,217

iPhone内のファイルをMacに転送

この状態からスタート

ビデオで即ワカ (音有り)

OrganizerでDownloadすると、iPhone▷Macへ*******.xcappdataというファイルで保存される

転送されたファイル*******.xcappdataはFinderで選択し、パッケージの内容を表示で開ける。

転送後は、Macで自由に確認、編集できますので、ファイルへの書込み状態チェックや、繰り返しテストする時のバックアップとして使えます。

また、逆も可能で、OrganizerでUploadを選択し、Macの*******.xcappdataファイルを選択すると、MacのファイルをiPhoneへ転送できますので、効率的なデバックができる様になります。

iPhoneアプリのディレクトリ

アプリがiPhone等にインストールされると、各アプリ毎に、これらのフォルダが用意されます。

この方法で、実際に確認してみてください。

1)Documents(私は頻繁に使います)
通常、このフォルダ内にアプリのデータを格納します。
itunesのバックアップ対象

コピペで即動く
NSArray *na =NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *strDocPath = [na lastObject];

2)Library/Preferences(私は基本的に使いません。)
***.plist等、アプリの設定情報が可能されます。
NSUserDefaultsを使用して、設定情報を読み書きしますので、私の場合、直接操作する事はありません。
itunesのバックアップ対象

3)Library/Caches(私は基本的に使いません。)
組み込んだソフト(例えばAdmobとか)が勝手に使います。(私は基本的に使いません。)
itunesのバックアップ対象外

4)tmp(私はほどほどに使います)
アプリの動作で一時的にファイルを置きたい場合に使います。
アプリが動いてない時、ファイルは勝手に消えますが、ゴミを残すのはマナー違反、キチンと消します。
itunesのバックアップ対象外

コピペで即ウゴ
NSString *strPath = NSTemporaryDirectory()