Android アプリ 開発環境 セットアップ まとめ

Androidアプリの開発環境(JDK、Eclipse等)セットアップ~サンプルアプリの起動までをまとめてみました。(2013/10/31現在)

(おおまかな流れ) 約1時間(パソコンや回線の状況により大きく変わると思われます)

  1. JDKセットアップ
  2. Android SDKセットアップ
  3. 開発ツール Eclipseの起動、設定
  4. Eclipseの日本語化
  5. 仮想デバイスの設定
  6. プログラムの実行

 


Java Platform (JDK)のダウンロードとインストール

  1. ORACLEのサイトを開き、Java Platform (JDK)のDOWNLOADをクリック
    android01 
  2. Accept License Agreementを選択し、自分の開発環境に合わせたファイルを選びダウンロード。
    下図はWindows64ビットの場合のダウンロード対象(約130MB)
    android02 
  3. ダウンロードしたファイルを起動して、特に設定、選択などせずインストールを進め、Java SE Development Kit….が正常にインストールされました。と出たら、閉じるをクリック。(必要に応じ、次のステップボタンでチュートリアルを見る)

 


 Android SDKのダウンロードとインストール (ディスクを約2.3GBくらい使います)

  1. Android.comのサイトを開き、DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMSをクリック、自分の開発環境に合わせたファイルを選びダウンロード。
    下図はWindows64ビットの場合のダウンロード対象(約480MB)
    android03 
  2. ダウンロードしたファイルを展開(解凍)。(展開後 約670MB)
  3. 展開後のフォルダ名を好きな名前に変更し、間違って消してしまわない様な、ほど良い場所へ保存する。
    ※ProgramFiles等にインストールされず、展開後のフォルダをそのまま使い続ける事になる為です。
    ※私の場合、C:の下にAndroidというフォルダを作り、そこに入れました。 
  4. SDK Manager.exeを起動する。
  5. Tools、Android4.3(API 18)、Extrasの3つにそれぞれチェックを入れInstallボタンをクリック
    あとから追加もできます。
    android04 
  6. Packagesの項目を選択しAccept Licenseを選択(Packagesの項目毎に繰り返す為この場合3回
    全てのPackagesにチェックが入ったら、Installボタンをクリック。
    android06 
  7. インストールが完了すると、各項目のStatusがInstalledに変わります。
    android07

 


開発ツール Eclipseの起動、設定

  1. Eclipseフォルダの中にある、eclipse.exeを起動する。
    使いやすいように、ショートカット等を作成しておくのが良いです。
  2. Select a workspaceで、作成したプログラムの保存先を設定し、OKクリック
    android08
  3. 起動が確認できたら、終了させます。

 


Eclipseの日本語化

  1. こちらのサイトを開き、Pleiades プラグイン・ダウンロードから最新版をダウンロード、展開(解凍)する。
    android09
  2. futures、pluinsのフォルダをEclipseのフォルダーへ上書きコピーして入れる。
  3. Eclipseのフォルダー内の、eclipse.iniファイルをメモ帳で開き、最後の行に以下1行を追加し、保存
    -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  4. 起動して、日本語化されている事を確認します。

 


仮想デバイスの設定
※仮想デバイス:エミュレータとも言う、Androidをパソコン上で動かくシュミレータの事

  1. Eclipseを起動し、メニューのウィンドウ>Android仮想デバイスマネージャーを選択
  2. 新規...をクリック
  3. ひとまずタブレットでNexus7相当の設定にしますので、下記の様な設定にして、OKをクリック
    android10
  4. 1つ、仮想デバイスが作成されました。
    あとからでも良いですが、必要に応じ、スマホ等の設定を追加してください。
    (基本的に上記設定で、機種の変更とメモリーオプションのRAMを768以下でおおよそOK)
    android11
  5. 起動確認をします。 作成した、仮想デバイスを選択し、開始…をクリックする。
    android11-5
  6. 起動オプションで実際のサイズに表示をスケールするにチェックを入れる。
    ?ボタンを押し、モニター密度をそれぞれ設定し、OKをクリック。
    モニターdpiとスケールの値をメモしておきます。(後で使います)
    起動をクリックする。
    android12android13
  7. 仮想デバイスが起動します。 起動確認できたら仮想デバイスと仮想デバイスマネージャーを閉じます。
    ※初めて起動する時は、時間がかかりますが、2回目以降は起動が早いです。(スナップショットの効果)
    ※Androidが起動したら、使いやすい様、設定で 言語と入力/日付と時刻 等を変更。
  8. Eclipseの画面で、実行メニューから、実行構成…を選択し、ターゲットのタブを選択します。
    互換性があるデバイスを…が選択され、その下に先ほど作成した仮想デバイスの一覧が表示されます。
    この仮想デバイスの選択を変更すれば、プログラムを起動して確認する仮想デバイスの切り替えができます。
    android15
  9. エミュレーター・コマンド行の追加オプションに「-scale 0.44 -dpi-device 92」と入力し、適用をクリックします。
    (0.44 と 92の部分は 先ほどメモに控えた スケールの値 と モニターdpiとなりますので、置き換えてください)
  10. 実行構成を閉じます。

 


プログラムの実行

  1. 実行のメニューから実行を選択
  2. 仮想デバイスが起動して、この様な感じでプログラムが起動します。
    android14

後は自分でプログラムを作成していく事になりますので、頑張ってみてください。
今後も、関連情報を続けて書いていきますので、ブックマーク等してまたご覧ください。


 

パソコン遠隔操作 その4(TeamViewerの使い方)

【遠隔操作をされる時】

  1. 電話やLINE等で、使用中のIDとパスワードを相手に教えます。
  2. 相手が遠隔操作を行います。
  3. 終ったら、TeamViewerを終了します。
    (重要:他人に勝手に操作されない様に注意が必要です)

 

【遠隔操作する時】

  1. 電話やLINE等で、使用中のIDとパスワードを相手から受け取ります。
    (使用中のIDは、基本的に変わらないので、2回目以降はパスワードだけ聞けばよいです。)
  2. 右半分(リモートコンピュータの操作)のパートナーIDに、相手から受け取った使用中のIDを入力。
  3. パスワードを入力する。
  4. 遠隔操作をする。
  5. 終ったら、TeamViewerを終了します。

 

【その他の機能】

  1. チャット:文字での会話
  2. 動画(ビデオチャット):カメラがついていれば顔を見ながら操作できます。
  3. VoIP(音声通話):マイクとスピーカがついてれいば音声通話できます。
  4. ファイル転送:ファイルをドラックドロップで転送できます。
    ※ローカルコンピュータが自分のパソコン、リモートコンピュータが相手のパソコンです。

 

【その他の設定】

  1. セキュリティの設定で、パスワードのセキュリティレベルの変更ができます。
    状況に合わせて、より安全なパスワードになる様に、設定変更をお勧めします。

パソコン遠隔操作 その3(Macへの導入編)

パソコン遠隔操作ソフト「TeamViewer」 (チームビュワー) (商用以外は無料)

Macへのインストール(導入)と初期設定


 

【インストール(導入)方法 Macの場合】 数分で出来ます。

  1. http://www.teamviewer.com/ja/ のホームページを開く
  2. 今すぐダウンロード(無料)をクリック
  3. ダウンロードした、TeamViewer.dmgを開く
  4. インストーラーが起動したら、画面の指示に従い、進める。
  5. アプリケーションの中のTeamViewerを起動する。
  6. 初期セットアップが起動するので続行をクリック
  7. 無人アクセスでは、スキップをクリック (無人アクセス必要な方は 内容をよく読みパスワード設定)
  8. 完了をクリック

 

【画面説明 と 初期設定】

  1. 画面説明
    左半分(遠隔操作を受ける許可)は、相手に伝える情報です。
    右半分(リモートコンピュータの操作)に、相手の情報を入力します。
    Mac TeamViewer
  2. 初期設定(強く推奨) ※TeamViewerが勝手に起動して、他人に勝手に操作されない様にします。メニューTeamViewerの環境設定…をクリック、全般を表示します。
    矢印部分 TeamViewerをシステムで起動 のチェックをはずし、適用をクリック。
    Mac TeamViewer2
  3. 初期設定(推奨) ※遠隔操作時に、両者のマウス操作が見える様にします。
    (この設定をしないと、遠隔操作される側の人が行うマウス操作が、遠隔操作をしている人に見えません)環境設定のリモートコントロールを表示します。
    パートナーのカーソルを表示のチェックを入れ、適用をクリック
    Mac TeamViewer3
  4. 環境設定を閉じます。

 

OS x mavericks

バージョンアップだけして、あまり使ってなかったけど、今使いだして気づいた。

作業性をあげるため、マルチモニタ(1台のiMacから、もう1台のモニタに接続し2画面表示)で使ってますが、2画面ともにメニューが表示される様になった!

更に、Dockも2画面ともに表示される。 いろいろ細かな配慮がうれしいです。

mavericksになって、更に使い易くなりました。

パソコン遠隔操作 その2(Windowsへの導入編)

パソコン遠隔操作ソフト「TeamViewer」 (チームビュワー) (商用以外は無料)

Windowsへのインストール(導入)と初期設定


【インストール(導入)方法 Windowsの場合】 数分で出来ます。

  1. http://www.teamviewer.com/ja/ のホームページを開く
  2. 今すぐダウンロード(無料)をクリック
  3. TeamViewer_Setup_ja.exe を実行する。  または、一旦ダウンロードして保存し、実行する。(ホームページを見るソフトによって異なります)。
  4. TeamViewer セットアップの画面が表示される。
    続行しますか?=インストール
    TermVeiwerの用途=個人/商用以外  をそれぞれ選択し、「同意する-終了」のボタンをクリック
    ※この後ユーザーアカウント制御・・・・というのがでたら はい を選択する。

【画面説明 と 初期設定】

  1. 画面説明
    左半分(遠隔操作を受ける許可)は、相手に伝える情報です。
    右半分(リモートコンピュータの操作)に、相手の情報を入力します。
    TeamViewer
  2. 初期設定(強く推奨) ※TeamViewerが勝手に起動して、他人に勝手に操作されない様にします。その他をクリック、オプションを選択します。
    矢印部分 Windowsと同時にTeamViewerを起動 のチェックをはずす。
    TeamViewer 2
  3. 初期設定(推奨) ※遠隔操作時に、両者のマウス操作が見える様にします。
    (この設定をしないと、遠隔操作される側の人が行うマウス操作が、遠隔操作をしている人に見えません)リモートコントロールの項目を表示します。
    パートナーのカーソルを表示 のチェックを入れる。
    TeamViewer 3
  4.  OKをクリックし、設定を保存

パソコン遠隔操作

パソコン遠隔操作というと、勝手に操作されて危険な感じがしますが、1つの事に気を付けて使えば大変便利な機能です。

気を付けること、「遠隔操作のソフトを使うときだけ自分で起動し、終わったら閉じる」という事です。

遠隔操作のソフトが動いてなければ、勝手に操作される事も無いというわけです。

 

遠隔操作で大変便利な事は、分からないことを教えてもらう時、異常があった時にみてもらう時などです。(または、自分が教える、見てあげる時)

私は500km離れた親戚のパソコンの面倒を月1,2回みますが、こちらから画面が見れて、操作できれば、ほとんどの事が対処できます。

以前は電話だけで、画面のイメージがわからないので、言ってることがかみ合わず、お互いイライラする事も多かったです。

 

また、使い方しだいでは、自宅の自分のパソコンを外出先から遠隔操作できます。(電源入ってないといけないですが)

なんと、iPhoneやAndroidなどからもパソコンの遠隔操作ができてしまうんです!(実際やってみるとちょっと感動です)

 

私のいつも使っているソフトをオススメします。「TeamViewer」(商用以外なら無料)です。

次回移行、インストールの方法、簡単な使い方をご紹介させてもらいます。

パソコン異常発生!異常発生!

突然 LINEから パソコン異常発生 との連絡が!!

妹が、DVDコピーしてたら突然フリーズ、画面真っ黒 どうすりゃええの?との連絡。

家が500kmも離れているので、なかなかサポートも難しい。。。。ひとまず、状況を聞く。

以前にもDVD読み込み途中で止まったが、その時も、連絡が来てて、DVDのレンズクリーナーで掃除しておいてと言ったはず。

私「DVD クリーナーかけた?」

妹「あ゛・・・・忘れてた」 (おい妹よ、おまえも歳とって忘れっぽくなったなあ・・)

 

15年くらいパソコンの修理とかやってきたが、各装置の劣化や、破損、汚れ、オーバーヒートなどが起きるとフリーズする事が多い。

これらは、Windowsやドライバ等で対処ができない。(想定してない)為にどうすることもできず、身動きが取れない状態になっているです。

本を朗読していて、途中のページが破られてなくなってたら、みなさんフリーズしますよね。(たとえが微妙?)まあDVDドライブも同じようなものです。

100円ショップとかのクリーナでよいので、DVDドライブもたまにクリーンナップしてあげてください。

 

最近のパソコンはSSDとか、フラッシュメモリとかで物理的に動く物が少なくなったので、以前より壊れにくいですが、DVDとか特に出し入れするようなものは、ホコリとかをできるだけ無くしてドライブに入れるのがよいです。

ホームページ ビルダー 18 買っちゃった その2

3)WordPressでとりあえず立ち上げる(3日目)

  • WordPressのサイトをテンプレートを使い作成(転送先などの情報設定は後回し)、不要なページ、追加するページをWordPressのメニューのページ構成等で変更して、基本形はOK、ここまで特に問題なし。
  • 次にサイトの公開、サーバーにホームページのデータを転送するが、転送先の情報をいろいろとセットしないといけない。まず、転送先の情報。だいたいFTPサーバーとか言われてますが、このサーバーの名前、アクセスするためのユーザー名、パスワード、どこに転送するか?のパス(ディレクトリ、フォルダ)があれば設定できます。これも大きな問題なし。
  • 次にデータベースを作成、これはいろんなデータをいろいろと入れておける箱みたいな物で、WordPressのサイト1つでデータベース1つを用意するみたいです。私の使ってるさくらインターネットでは年額5000円~でWordPressの使えるサーバーがレンタルできます。(サーバーがWordPress対応か?を要確認)。そして、一般的にはレンタルサーバーのホームページ等で(サーバーの設定を行う画面)データベースの作成ができます。ここでは、データベースのサーバーの名前、データベースの名前、アクセスするためのユーザー名、パスワード、文字コード(一般的にはUTF-8推奨らしい)などを設定します。このあたりは、レンタルサーバーの会社によって違うのでFAQ等で確認するのが良いと思います。
  • これらデータベースの情報もサイト公開の時にホームページビルダーで設定します。(データベースは後で変更できないみたいなので注意) このデータベース関連は、慣れないのでちょっと慎重にやりました。
  • これでサーバーに転送できるはずっとっとっと、大事な事を忘れてた。WordPressのシステム自体をサーバーにインストールする必要があります。普通だと、(サーバーの設定を行う画面)や、WordPressのサイトからシステム(ソフト)をダウンロードしてサーバにインストールすると思います。ホームページビルダーではWordPressのシステムのインストールまでやってくれちゃいます。(これは助かります。)WordPressのインストールをするか?のチェックをいれて「サイトの公開」しました。
  • サイトの公開で、結構な量のホームページやWordPressシステム等が転送されます。(サーバーの容量みたら約70MBくらいだった)転送が終わると、あれこれ、こうして下さいと画面が教えてくれますのでそのとおりに進めます。すると。。。オッケー!ひとまず立ち上げできました~。

 

4)WordPressをコチョコチョといじってみる。(4日目)

  • WordPressにはダッシュボードというページがあって、そこでWordPressの設定や、ニュース、ブログ投稿、デザインの変更等ができます。かなり多くの機能があり、またプラグインという拡張機能を追加するともっといろんな事ができる素晴らしいシステムになってる事に気づきました。しかも無料で使えるものも多い。
  • まずブログ投稿、簡単でした。ダッシュボードの中のブログの項目で新規投稿するだけでOK。変更や、削除も全部ダッシュボードのブログからできます。(ホームページビルダーは使わなくていいみたい。。。)
  • 次はデザイン変更、ダッシュボードの外観というところから、いろいろでてくるテンプレートを選ぶと、プレビューまでしてくれて、即デザインチェーンジ! すごいです! ちょいちょいっとクリックするだけで、修正、転送など面倒な作業無く、メンテがかなり楽になります。いいね! 無料のデザインテンプレートも結構ある様子。ますますいいね!
  • ホームページビルダーには、独自のダッシュボードがあって、SNSのボタン等が簡単に埋め込みできる様になっています。また、コックピットという機能があり、ツイッターに投稿してどれだけ反響があったかを測れる機能もついてます。ツイートして反響があるとうれしいですよね。それとは別にアクセス解析もできて、どのページのアクセスが多いか?どこのリンクから来たか?などいろいろと簡単に見れる様になっています。

5)旧サイトやら、無料ブログの引っ越し(5~7日目)

  • 旧サイトのデータをフォルダ(ディレクトリ)毎コピーして、ちょっと気に入らなかった部分をホームページビルダーで修正し転送。もちろん既存のホームページも修正できます。ソースネクストのホームページV3というのを使ってましたが、まったく形が崩れることなどなく(最近は当たり前?)スムーズに引っ越し完了。ブログは、なんとかエクスポート、インポートできないかと思いましたが、ややこしそうなのでコピペで引っ越し完了です。

まとめ、レンタルサーバーでサイト運営してる人、しようと思ってる人には、ホームページビルダーはオススメです。かなり作業が簡単に楽に速くなります。ビジネスパックまでは必要ないかもしれません、一番安いもでも十分です。ホームページビルダーに慣れてない人は、書籍セットが良いと思います。(使い方の把握で、あるのと無いのでは大違い) ビジネスパックにはhpbマーケットプレイステンプレートチケット10000円分がついてましたが、まだ使ってませんので、これもまたブログに書きます。

レンタルサーバーは、さくらインターネットオススメです。値段も安いし、FAQやヘルプも丁寧にしっかり書いてあります。

ホームページ ビルダー 18 買っちゃった

しかも、ビジネスパックでちょっと高かったけど、ホームページのメンテ時間が節約できるだろうと思い思い切って購入。

プロは使わないらしいが、 私的に、結果的に、 「結構 いいね!」っという感じです。

1週間ほどで、PCとサーバーのセットアップから、サイト引っ越し(それほど量はないけど)、

ホームページ若干手直し、なんとか形になるまで出来ました。

その様子をご紹介させてもらいます。

続きを読む