各国の言葉(言語)で処理を変える。

手軽に各言語に対応させたい時はこんなコードを使っています。

@”ja”だと日本語、@”zh-Hans”だと中国語(簡体字)、@”en”だと英語という感じです。

シミュレータや実機での動作確認は、設定▷一般▷言語環境▷言語の順に選択して、言語を切替できます。
コピペで即動く
    //各言語毎に処理
    if ([[[NSLocale preferredLanguages] objectAtIndex:0] isEqualToString:@”ja”]) {
        NSLog(@”日本語処理”);
    }else if ([[[NSLocale preferredLanguages] objectAtIndex:0] isEqualToString:@”zh-Hans”]) {
        NSLog(@”中国語処理”);
    }else if ([[[NSLocale preferredLanguages] objectAtIndex:0] isEqualToString:@”en”]) {
        NSLog(@”英語処理”);
    }else{//
        NSLog(@”その他の言語処理”);
    }

Localizable.strings、NSLocalizedStringでのローカライズが必要無い時には、こちらを使っています。

各言語に対応するコード
コード 言語
ja 日本語
en 英語
zh-Hans 中国語(簡体字)
fr フランス語
de ドイツ語
nl オランダ語
it イタリア語
es スペイン語
pt ポルトガル語
pt-PT ポルトガル語(ポルトガル)
da デンマーク語
fi フィンランド語
nb ノルウェー語[ブークモール]
sv スウェーデン語
ko 韓国語
zh-Hant 中国語(繁体字)
ru ロシア語
pl ポーランド語
tr トルコ語
uk ウクライナ語
ar アラビア語
hr クロアチア語
cs チェコ語
el ギリシャ語
he ヘブライ語
ro ルーマニア語
sk スロバキア語
th タイ語
id インドネシア語
ms マレー語
en-GB 英語(イギリス)
ca カタロニア語
hu ハンガリー語
vi ベトナム語

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>