アラートビュー(メッセージ表示とボタン選択)その1

アラートビューとはこれです。

201306281007365b5

1)まずアラートビューを準備します。

アラートビューを表示させたいタイミングのところに貼付けて下さい。

上の画像のアラートビューを作るにはこの様に設定します。

ボタンはキャンセルボタンも含め5個まではいけます。それ以上が画面が崩れるみたい。。。

コピペで即ウゴ

    //アラートビューの準備

    UIAlertView *al = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@”タイトル message:@”メッセージ delegate:self cancelButtonTitle:@”キャンセル otherButtonTitles:@”ボタン1,@”ボタン2,@”ボタン3,@”ボタン4, nil];

    al.tag = 1;//アラートビューが複数ある場合、ここでそれぞれに違う番号を指定します。

    [al show];//アラートビューを表示

2)アラートビューで押した番号に応じて処理をする部分を準備します。

ViewController.mの一番下 @end の上にコピペで即ウゴです。

コピペで即ウゴ

//アラートビューでボタン押した後の処理

- (void)alertView:(UIAlertView *)alertView clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex

{

    if(alertView.tag == 1){//アラートビューが複数ある場合、この番号で処理を分けます。

        switch (buttonIndex) {

            case 0:

                NSLog(@”キャンセルを押しました);

                break;

            case 1:

                NSLog(@”ボタン1を押しました);

                break;

            case 2:

                NSLog(@”ボタン2を押しました);

                break;

            case 3:

                NSLog(@”ボタン3を押しました);

                break;

            case 4:

                NSLog(@”ボタン4を押しました);

                break;

            default:

                NSLog(@”その他);

                break;

        }

    }

}

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>