iPhone内のファイルをMacに転送

この状態からスタート

ビデオで即ワカ (音有り)

OrganizerでDownloadすると、iPhone▷Macへ*******.xcappdataというファイルで保存される

転送されたファイル*******.xcappdataはFinderで選択し、パッケージの内容を表示で開ける。

転送後は、Macで自由に確認、編集できますので、ファイルへの書込み状態チェックや、繰り返しテストする時のバックアップとして使えます。

また、逆も可能で、OrganizerでUploadを選択し、Macの*******.xcappdataファイルを選択すると、MacのファイルをiPhoneへ転送できますので、効率的なデバックができる様になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>