設定画面の作成【その3/全5】

ビデオで即ワカ 内容)設定画面用のコードを書くところを準備します。
1)メニューから、File▷New▷Fileを選びます。
2)iOSを選択▷Objective-C classを選択し、Next
3)ClassをSettingViewController、Subclass of をUITableViewControllerにし、Next
4)保存場所を指定し、Create(通常は、プロジェクトのフォルダが表示されるのでそのままCreateでOK)
5)SettingViewController.hとSettingViewController.mが作成された事を確認
6)ストーリボードで、TableViewContorollerを選択し、ClassをSettingViewControllerに設定

ビデオで即ワカ (音有り)

設定画面のコードは、SettingViewController.mに書く事になります。

ここまでで、どのアプリケーションでも共通して使える、おおまかな構成ができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>