設定画面の作成【その4/全5】

実際のアプリの動作の流れに沿ってコードを書いていきます。
ここからは、アプリケーション毎にアレンジしていく事になります。
例として、ON/OFFの設定値を1つ用意し、保存、画面反映、設定変更等の機能が動く様にします。

ビデオで即ワカ 内容)元画面(設定を呼び出す側の画面)の作成
1)ストーリボードにて、元画面にON/OFFを表示するLabelを作ります。
2)作成したLabelのOutletを用意しておきます。

ビデオで即ワカ (音有り)

3)設定値デフォルト準備、設定値の画面反映、設定画面から戻った時のコードを書きます。

(1)ViewController.mのviewDidLoad内へ

コピペで即ウゴ

    //設定値デフォルト準備

    NSUserDefaults *ud = [NSUserDefaults standardUserDefaults];//NSUserDefaults取得

    NSMutableDictionary *defaults = [NSMutableDictionary dictionary];//NSMutableDictionary取得

    //「KEY_ONOFF」(BOOL値) ON=YES OFF=NO(デフォルト)

    [defaults setObject:@"NO" forKey:@"KEY_ONOFF"];

    [ud registerDefaults:defaults];//設定値を保存

    //設定値の画面反映

    [self Setting];

(2)ViewController.mの@endの前に追加

コピペで即ウゴ

//設定値の画面反映

- (void)Setting{

    NSUserDefaults *ud = [NSUserDefaults standardUserDefaults];//NSUserDefaults取得

    if([ud boolForKey:@"KEY_ONOFF"]){//YES

        _lblONOFF.text = @”ON”;

    }else{//NO

        _lblONOFF.text = @”OFF”;

    }

}

(2)ViewController.mのfirstViewReturnActionForSegueを下記の様に

コピペで即ウゴ

//設定画面から戻った時

- (IBAction)firstViewReturnActionForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue

{

    NSLog(@”設定画面から戻りました。”);

    //設定値の画面反映

    [self Setting];

}

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>